ランドセル 2019

ヌメ皮の高級ランドセルの特徴とブランド

ヌメ側の特徴

ランドセル,人気,2019,ブランド,比較

ヌメ側は植物に含まれるタンニンという成分でなめした皮で、表面の加工はほとんど行わず皮本来のテイストを残して仕上た皮革のことです。

 

数ある革の中でも、誰がどう見ても本革とハッキリ分かる風合いを持っているので「革の中の革」と呼ぶ人もいます。

 

その加工の仕方の問題で、他の革に比べると繊維が詰まっていてとても丈夫です。

 

使い始めはゴワゴワしていますが、使い込むうちに徐々に馴染んで味が出てきます。

 

ヌメ側の最大の利点は、使い続けることによる風合いです。使えば使うほど使う人に合った形に変化し馴染み味が出てくるのです、

 

使い込むうちに手の脂が染み込んだり紫外線にさらされたりして優しいクリーム色が濃い茶色に変化していくのが魅力です。

 

使う人によって唯一無二の存在へと変化し、丈夫で傷つくにくく、たとえ傷がついてもそれすら味になってしまうような最高の革だと思います。

 

ナチュラル派の方には得のおすすめです。

 

 

ヌメ側のランドセルの特徴と手入れ

ランドセル,人気,2019,ブランド,比較
皮そのものの自然な風合いを活かしたヌメ革を素材にした高級ランドセルはナチュラル志向な家族に人気があります。

 

その性質上どうしても定期的なお手入れが必要ですし防水加工が施されていないので水にもとても弱いので、雨の日も手入れが必要です。

 

一般的な家庭なら手入れを面倒に感じるのですがナチュラル志向の家族のお父さんなんかは好んで手入れを楽しみます。

 

そういった家族の方でないとせっかくの素材を活かしきれないのではと思います。

 

1ヶ月に1度、皮革用のオイルを塗布してなじませることも必要ですし、汚れがあれば皮革用のクリーナーで落とすことも必要です。

 

そんな感じでケアも大変ですが。お手入れを通じて子供に物を大切にする心を教えることができると言うメリットもあると先輩お父さんが話していました。

 

使い込むうちに味が出てあのなんとも言えないアメ色に成長するランドセルを6年間楽しんでみませんか?

page top